2006年06月01日

ハリーポッターを読みました^^


ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
J.K. ローリング J.K. Rowling 松岡 佑子
4915512371
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2)
J.K. ローリング Joanne Kathleen Rowling 松岡 佑子
4915512398
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
J.K. ローリング 松岡 佑子
4915512401


今頃ですが、ハリーポッターの本を読みました。
映画はレンタルで観ましたが、本は厚くて読む気がしなかったんですよね(^^;

古本屋で1冊100円だったので旦那が買ってきました(笑)
早速読んだんですが、ハードカバーでこの厚さは重いねもうやだ〜(悲しい顔)
風呂で読むのには適してない・・・(T.T)

でも映画じゃわからなかった細かい設定など、わかって面白かったです。
ただ、読んでると嫌でも映画のイメージを想像されられちゃうのがねぇ・・ふらふら
映画をまた観たくなりましたー。
DVDも値段下がらないかな〜( ̄∀ ̄*)イヒッ
posted by オズ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

モロッコで断食(ラマダーン)【たかの てるこ】


モロッコで断食(ラマダーン)〈下〉
愛と断食の日々編
モロッコで断食(ラマダーン)〈下〉愛と断食の日々編
文庫本で買ったので、ちょっとタイトルが違ったような・・?

最初はラマダンと聞いて、椎奈誠がよく書いてるような、外国の食べ物と文化の体験記かな〜?と読み始めたんだけど、後半はただの恋愛小説じゃんたらーっ(汗)

ラマダンの様子とイスラムの文化など面白かったし、モロッコ自体よく知らない私にとっては、へぇ〜そんな国なんだ〜となかなか楽しかった。
後半に入ってからは、もう体験記って感じじゃないんだよね。
途中から恋愛小説って思って読んだから、結構入り込めたけど(笑)

でも英語の出来ない私にとって、一人で外国を旅するってだけで尊敬しちゃう。
たぶん英語が出来たとしても、一人旅は無理だと思うし(^^;
あとがき読んで、どうやらTVにもなったみたいですね。
それをみたかったなーTV
posted by オズ at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

雪下に咲いた日輪と【高里椎奈】


雪下に咲いた日輪と
雪下に咲いた日輪と
ず〜っと探していた本がみつかりました。
出版されたとは聞いていたんですが、どこの本屋探しても無くて、
「あれ〜?まだ出てないんだっけ?」と勝手に思い込んでいた本です(笑)

メフィスト繋がりで読んでいるんですが、もうミステリーって感じじゃないですねたらーっ(汗)
まぁ私は人物が好きなのでファンタジーになってしまっても一向にかまわないのです黒ハート

ミステリー部分は「まぁ・・そんな感じかな〜?」ってぐらい(笑)
高遠の散々嫌っていた家族も、結局それぞれ良い人だったってオチでしょうか。
長兄なんてすごくいいお兄さんに思えたし、3男だって謝ったしね〜るんるん

砂波とリザベルとゆのすけの3人のやりとりが一番和みました(笑)
薬屋としての謎のほうがよくわからないですね。
前作に名前が出てきた風冬との掛け合いが、イマイチよく理解できてない私ふらふら
早く次回作が読みたいですわーい(嬉しい顔)
posted by オズ at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。